乳首は美白化粧品で黒からピンクになるのか?

 

乳首が黒い人や茶色い人で美白化粧品を塗ってみる人はいます。

 

しかし、多くの人がピンクにする効果を感じれていない人が多いです。
人によってはかぶれたり逆に黒ずみができてしまってなんてこともあります。

 

それもそのはずで美白化粧品といっても乳首を美白するために開発がされているわけではありません。

 

乳首はからだの中でも繊細な部位となるので、刺激に非常に弱いのですね。
そのため、化粧品の成分によっては刺激が強い成分が配合されているので、逆にメラニンが色素沈着する危険性があるのですね。

 

残念ながら美白化粧品で乳首をピンクにすることができたって話は一部しか聞きません。
一部の人では効果があらわれている人もいますが、ほとんどの人には効果があらわれていないのですね。

 

ただ、からだの仕組みを考えると有効な成分が配合されているのは確かです。
有効な成分が含まれていれば必ずしも効果があらわれるとは限らないのですね。

 

効果が実感できている人が多い美白化粧品もある

 

一部の商品に限っては美白効果を感じることができている人が多い化粧品もあったりします。
どんなものかというと、わきの黒ずみを美白するために開発されたクリームですね。

 

効果を実感できている人が多いのであればピューレパールやシルフィホワイトなどがあげられます。
ただ、当サイトのトップページで紹介している乳首をピンクにするために開発がされている医薬部外品に比べれば効果を実感している人は少ないです。

 

ピューレパールやシルフィホワイトで美白効果を実感している人がいるのは事実です。
ただ、体質などによって効果は異なってくるので、実感度は変わってくるのですね。

 

また、乳首のために開発されたのではなく、わきの黒ずみをどうにかしたい人向けに開発されたものとの違いもあるのではないでしょうか!?

 

普段、顔につけている美白化粧品でも効果はある?

 

普段、顔につけている美白用化粧品を乳首につけて試してみる人はいます。
しかし、それはやめておいた方がいいです。

 

先ほども伝えたように乳首は繊細な部位なので刺激によってメラニンが過剰に分泌されてしまう可能性があります。
あくまで美白化粧品を使うのであればわきの黒ずみのために開発がされているようなにしておいた方がいいです。

 

大抵のわきの黒ずみに使えるようにしているクリームはバストトップでも使える旨が明記されています。
きちんと成分が配慮されて作られているのです。

 

ただ、どうせ使うのであれば乳首をピンクにしたい人のために開発がされている医薬部外品を使うにこしたことはないと思います。

 

乳首を美白にする方法についてはコチラの記事で紹介しています。
乳首を美白する方法は5つ※一番効果があるのは?